医療法人社団 神戸デンタルクリニック 院内画像01 医療法人社団 神戸デンタルクリニック 院内画像02 医療法人社団 神戸デンタルクリニック 院内画像03 医療法人社団 神戸デンタルクリニック 院内画像04 医療法人社団 神戸デンタルクリニック 院内画像05
インプラント タイトル
インプラント 画像01

インプラント治療とは、歯の失った部位に、天然歯の根の部分の代わりをする人工歯根を入れて、再び咬む機能を回復させる治療です。
あごの骨にしっかりと固定されるインプラント治療なら、まるで自分の歯のように食事をすることができます。
また、見た目も自分の歯のように自然に仕上げることができるので、人前でも口元を気にせず、食事や会話を楽しむことができます。

●メリット
1)両側の歯を削らず治療が出来る。
2)しっかりと固定されるので、自分の歯と同じように噛める。
3)周囲のあごの骨が守られる。

●デメリット
1)あごの骨が十分になければ治療ができない。
2)定期的なメンテナンスとセルフケアをしっかりしなければ歯周病と同じようになる。(インプラント周囲炎)
3)外科手術が必要。
4) 治療期間ならびに保険適応外となる。

当院のインプラント治療は、最善のインプラント治療を継続して提供することをお約束します。
何よりも大切な患者様のご要望をなるべくお聞きし、治療計画を立案していきます。
インプラント治療を行う方にはじっくりと納得するまで治療内容をご説明し、そして治療費用に関しても明確にお見積をいたします。

自分の歯を失い、入れ歯でなかなか食事を楽しむことが出来ず、見た目も気になって会話を楽しむことができない…そんな方に当院のインプラント治療を喜んでもらっています。


治療の流れ 1. 術前診査・治療計画

口の中の状態(現在困っていること、歯科治療歴等)および全身の健康状態・喫煙歴について問診を行います。
こちらのカウンセリングは、当院のインプラント専門の担当医が直接行います。

治療の流れ 画像

※すぐに治療をスタートできない場合もあります。

全身疾患により、感染しやすい、傷が治癒しにくい場合などは、インプラント治療のリスクが高まります。
糖尿病など血糖値がコントロールされていない場合は、まず糖尿病の治療を行い、血糖値がコントロールされてからインプラント治療を行います。
骨量が不足している場合には、骨を増やす骨造成治療を行います。


治療スタート

■ 治癒期間について

インプラントと顎の骨が結合するまでの治癒期間は、骨の状態および全身の健康状態により異なり、2~3ヵ月程度で結合する場合もあれば、6ヵ月程度かかる場合もあります。
骨造成治療を行った場合は、治癒期間が長くなることがあります。
表面性状が超親水性のインプラントを使用すると、従来の治癒期間を3~4週間にまで短縮することができます。

アバットメント・人工歯の装着

インプラントと骨が結合した後に、アバットメントと呼ばれる土台を装着します。
アバットメントとは、インプラントと人工歯(被せ物)をつなぐ部品です。
アバットメントには様々な種類があり、個々の症例に適したものを選択します。
必要があれば仮歯を装着して見た目や使用感を確認し、問題なければ最終的な人工歯を装着します。

治療後の歯磨きと定期検診

インプラント治療は人工歯が装着されたら終わりというわけではありません。
インプラントを健康な状態で長持ちさせるためには、インプラントおよび残存歯を清潔に保ち、定期的に検診を受け、メンテナンスを行う必要があります。

インプラント治療が成功しても、治療後に口の中の衛生管理ができていなければ、インプラントは感染してインプラント周囲炎になることがあります。
また定期的に咬み合わせのチェックを行い、必要があれば調整を行います。

■ インプラント治療前後の口腔内清掃
● 歯科医院でブラッシング指導を受け、正しい歯磨きを心がける
● 歯間ブラシやフロスなどの補助器具で歯の間の清掃を行う
● 食後と就寝前にしっかりブラッシングを行う

インプラント治療は安易な治療ではありません インプラント担当医師

料金はこちら

インプラントサイトへ
マップ、アクセス等
Page Top